放課後等デイサービス ー パオパオくらぶ

2017年1月24日

after_school2

家庭・学校・・・そして、もう一つの子どもたちの遊び場として
パオパオくらぶ は生まれました。
楽しい時間の中で、ひとりひとりの発達を支援したいと思っています。

 

パオパオくらぶは、障がいを持つお子さんが充実した余暇時間を過ごす中で、社会の中で生活する力を育てていくことを活動の目的としています。
IMG_3764放課後の活動では、歩いていける公園、電車に乗って大きな公園に行き、たくさん動いて身体を育みます。

また、近くのお店にお買い物へも行きます。たくさんの商品の中から自分で欲しいものを選び、お金を支払って商品を受け取り、自分の手で持って帰ります。

そういった活動の中で、買い物とはお店の人とのやり取りを通して、欲しいものを買えるいう社会のルールを体験を通じて学びます。

 

IMG_3546お天気の悪い日には、ぱおの室内でお好み焼きやクレープなどの調理を通してクッキングを体験します。

食材を切って混ぜて焼く。ひっくり返すには火が通るのを待たないと美味しく作れません。

最初は待てなかったお子さんも、そう言った積み重ねの中だんだんと理解が進み、「もう焼けたかな?」と期待を持って待てるようになって行きます。

出来上がったら、みんなで「美味しいね!」を共有しながらいただきます。

 
DSC_0264学校がお休みの時には、基本は外出。

電車に乗って水族館や大きな公園に行きますよ。

夏休み中の活動、夏ぱおではプールに行きます。毎回です。だから、ぱおのスタッフは毎日プールに入るのでふやけてます。

電車に乗って、バスに乗って、江戸川区内、墨田区、浦安市のプールへと行きます。みんなでお弁当を食べ、プールに入ります。

プールで疲れていても、帰りはやはり交通機関に乗り、バス停からは歩いてぱおまで帰ってきます。
ぱおについたら、ごほうびのかき氷!みんな大好きです。

最初は疲れて帰りの電車で眠ってしまった子も、年を重ねていく中で体力も付き、マナーを覚え、気がつけばしっかり帰りのバスの中も自分の足で立てるようになっています。

 

IMG_1130そして、夏休み中には、お泊まりも。
家族と離れての初めてのお泊まりをぱおで経験する子も多いです。

初めてのお泊まりでハラハラのお母さんをよそに、たくさん楽しんで帰ってきた子供の顔は、きっとこれまでよりも、お兄さん、お姉さんの顔に見えるでしょうね。

お子さんの成長を一緒に楽しんでいきましょう。

Posted by こやっぴ