放課後等デイサービスの活動内容

パオパオくらぶのルーム内

まずは、江戸川区放課後等デイサービスパオパオくらぶの様子です。

下校時間がバラバラの場合は、みんなが集まるまで、ここで過ごします。

雨の日でも、指先に力を入れて遊んだり、体を揺らして遊んだりできるようになっているのです。

絵を描く子どももいますし、まったり、ゴロゴロしている子どももいます。

東京都江戸川区放課後等デイサービスのボルダリング
大人もできちゃうボルダリング。ボルタリングではなく、ボルダリング。2つのコースを制覇したら・・・。筆者は、どちらもできません。
一人用のトランポリン。天井が低いので気を付けて飛んで?跳んで下さい。さもないと、穴が。あら、すでに穴が。次の子どもが待っていたら、30回で交代。
ボールプール。中には、全身入って、布をかぶっている子どもも。もう、いるんだか、いないんだか分かりません。包まれる感覚がとっても安心するようです。
大人も一緒に乗れるハンモック。多少ギシギシ言いますが、大丈夫。揺れて遊ぶのは、もちろん、ミノムシみたいになってもOK。

公園遊び~

晴れたら、公園!

歩いて行ったり、電車やバスを乗り継いで行きますよ。

江戸川区内の他の放課後等デイサービスの様な送迎用の車は、ありません!

 

お金が無いから・・・ではなく。

電車の乗り方だったり、外の世界の楽しさが伝わると良いですね。

江戸川区内は、比較的、電車もバスもたくさんありますので、特に問題ないです。

 

何よりも外に出た方が、部屋の中にいるよりも、楽しいし、学べることも多いのです。

言葉だけでは、伝わりづらいことでも

実際の体験を通して、その場、その場で伝えた方が、

分かりやすい!

 

アスレチックでの遊び方は、

大人のお手本を見ながら、一緒に遊ぶと、

 

近隣の船堀公園、白鷺公園、西船堀公園、少し大きめの東大島公園、地下鉄博物館の近くの葛西東公園、宇喜田公園などなど。

南行徳の公園や浦安交通公園なんかにも行っちゃいます。

江戸川区と江東区の境目にある東大島公園のローラー滑り台。両足を地面につけるとお尻は、痛くない。でも早すぎるので、気を付けて~。みんなで繋がって滑ると、想像以上に楽しい。
ぱおの前の船堀公園で、パラバルーン。回して高くして、低くして、中に入っちゃいます。
江戸川区にある西船堀公園。小学校低学年サイズの遊具が多い。広場もあって鬼ごっこでもキャッチボールでもできちゃう公園。
その西船堀公園内のじゃぶじゃぶ池。あくまで池であって、プールではないのですが、周囲の子どもが引いてしまうほど、遊びます。終わったら、ぱおでシャワー浴びるから、大丈夫。

おやつ~

みんな大好き!おやつ~!

ぱおでは、活動中におやつの時間があります。

基本的には、3種類。

味や食感が異なるものを用意します。